Webライター、初心者からの日誌

2017年夏からWebライター。好奇心旺盛な30代。2015年冬、宮崎から京都へ移住。ライティングや趣味のことなど、あれこれ書いてます。

ライティングを始めて約10日。文字と報酬と時間と私。

いらっしゃいませ、さよりです。クラウドソーシングでライティング作業を始めて、10日程経ちました。

 

そこで今回は、ライティングを始めてのアレコレを書きたいと思います。これまでお仕事でライティングはしたことないし、まだ始めて10日。超初心者目線で思ったことを書きます。

 

 

 

私はブログを10年近く続けていますが、「文章を書いてお金をいただく」のはクラウドソーシングが初めてです。

仕事でメール、社内文書、Wordで作った簡単なチラシ、プレスリリース程度なら作ったことあります。作ったのは当然勤務中なので、まあお給料をいただいていたと言えばそうですが…。でもそれは数ある業務の中の1つだっただけで、今回のように「書くの(ライティング)がメインの仕事」はしたことありません。

 

クラウドソーシング上でのライティング(以下:ライティング)は文章を書いて、依頼者の方が承認しないと報酬は確定しません。

勤務中に作った社内メールがたとえ駄文でも、これまではお給料貰えました。これからは依頼者の希望に沿ったライティングをしないと、お給料が貰えない…。これは対策を練る必要があります。

 

ライティングを始めてすぐ、文字数あたりの報酬が気になりました。

 

例えば「1,000文字以上書いて200円」なら「1文字あたり0.2円以下」です。私はこの計算をして「さすがに安すぎる…」という案件は避けることにしました。

「初心者なら数こなすべき!」と仰る方もいるかもしれませんが、私は「いくら初心者でも、同じ時間をかけるのに安すぎるのはヤダ」って思います。時間は限られてますからね。0.2円以下の案件はほとんどしていません。(0.2円以下でもよっぽど「これはすぐ書けそう!」」と思う案件なら別ですが…。)

 

実際にある案件で「2,000文字程度400円(0.2円/文字)」より「1,500文字程度で600円(0.4円/文字)」と、文字単価が高い方を選びました。文字数がわりと少なくて高単価な案件もあるんです。

 

言い忘れましたが、上記は全てタスクでの案件です。(プロジェクトだと1円以上/文字の案件もあります。)

 

タスクで高単価な案件はやっぱり人気で、「あ!これは書きたい!!」と思って作業開始ボタンをすぐクリックしても「作業できません」と追い出されることも多いです。奪い合いが激しいです。

 

昨日、約0.5円/文字の案件の作業前、奪い合いに巻き込まれました。何回ページを更新しても「作業できません」と言われたので、泣く泣く他のライティングをすることにしました。バーゲンセールで負けたおばちゃんの気分…。

書き終わってその案件を再び覗くと…作業開始できたんです!やった!!1,500文字の後に2,000文字だったので結構辛かったですが、気合いで書き切りました。結果、書いた文字数が最多の日になりました。本当よくやった…。

 

 

 

 

以前触れたように、クラウドソーシングって大きくわけて「タスク」「プロジェクト」「コンペ」の3つの形式があります。

 

タスク低単価な案件がいっぱい、高単価な案件は奪い合い、というなかなかシビアな場所というのがよく分かりました。その分書きやすい依頼も多いです。

 

プロジェクト比較的単価が高いですが、依頼者の承認が得られないとそもそも作業できません。なので、連絡する時間がどうしても必要になります。私は超初心者で数をこなす必要があると考えたので、連絡の時間よりや書く時間を増やすことにしました。よって、プロジェクトはしばらくお休みしてます。

また、プロジェクトでライティングする場合、ネットで情報を調べてから書くという案件をよく目にします。タスクでも調べてから書く案件はあり、実際に書きましたが…結構時間がかかります。約2,000文字で3時間程かかりました。「練習がいるな」と感じたので、気軽に応募できるタスクで経験を積んで、プロジェクトに戻ることにしました。それもお休みの理由の1つです。

 

なので現時点では「タスクをたくさん」「プロジェクトを1つ」「コンペ2つ」の作業しかしてないです。タスクは修正が入ったのは1回だけで他は全て一発承認、プロジェクトは過去記事通り(プロジェクト、やってみたよ!)その場限りのお付き合いでした。コンペは1つは敗退、1つは選定中です。

 

しばらくはネットで調べて書くライティングをやりつつ、体験談だけで書けるものもやりつつ、とにかく書く!数をこなして、ゆくゆくはプロジェクトに携わるというのが目標です。

 

今後はタスクで経験を積みながら、できそうなプロジェクトがあればお伺いを立てたいと思ってます。コンペも、引き続きネーミングはやりたいです。 

  

    

 

まだまだ書くのが遅いので、早く書けるコツや、初心者ライターに関する記事をよく読んでいます。内容は参考になるし、記事自体の構成や文章も参考になってすごく為になります。

 

その成果もあってか、最近ライティングを終える時間が早くなりました。このブログも文字数、時間を意識して書いています。以前よりだいぶ早い!!

 

まず自覚していた推敲にかける時間。私はこれまで推敲の時間が多すぎました。推敲しては推敲し、また推敲、更に推敲…気付けば4時間 …なんてザラでした。

今はざっと最後まで書ききって、推敲は全体を1〜2回読んで終わるようにしています。でないと推敲してたらキリがない!

 

なので、ブログが若干まとまりきれてない時もあります。本当に申し訳ないです。読みやすくて分かりやすい記事を、早く書けるように精進します。日々精進。

 

というわけで今日はこの辺で。

お読み下さり、ありがとうございます。

(メモ:2,325文字/2時間20分)