Webライター、初心者からの日誌

2017年夏からWebライター。好奇心旺盛な30代。2015年冬、宮崎から京都へ移住。ライティングや趣味のことなど、あれこれ書いてます。

在宅ワークの「いつでも休める」という理想と現実、恐怖

数日ぶりです。さよりです。やっと元気を取り戻しました。

 

ブログで意気揚々と「在宅でやる気を出す工夫」やら「在宅って楽しい。うへへ」やら書いてましたが、ここ数日はやる気0でした。

 

私はブログでいろいろ偉そうに書ける身分でもないし、自分に甘いことも多々あります。在宅ワークがいかに難しいか、この数日で改めてよく分かりました。

 

正直、ここ数日ですっかりHPもMPも0になりました。

 

でもそんな調子で貯金は勝手に増えないし、いつか浮上しないといけない。上手くいってる事ばかりを書こうとも思っていないし、 まあ良い機会と捉えて今回はここ数日のことを書きますね。

 

  

 

まず今週の日曜と月曜、動画をひたすら見てました。火曜と水曜、ひたすら寝てました。(両日、18時間睡眠)

 

そして水曜の昨日、23時頃。

 

これはシャレにならん!!!

 

というわけで、今ブログを書くまでに回復(?)しました。

 

要はこの4日間、何もしてない!!

 

視点を変えて…スーパーポジティブに解釈するなら、動画たくさん見た=インプットしまくった、18時間睡眠=しっかりと休息取った、と思えば悪くないけど…いやいや…ポジティブ過ぎるやろ。

 

冷静に考えて…何もしてない=ライティングしてない、4コマすら描いてない。これが現実です。焦ってとりあえずブログ書いてます。

寝たきりの2日間は地獄のようでした。気力がなく、食欲があるのかよく分からない、ネットも見たくない、何もしたくない。それで寝たきりでした。涙出そう。

 

実は今までも今回に似たことはあって、その度に浮き沈みを繰り返してきました。

 

毎回、原因も理由も様々だとは思うけど、解決方法は「奥底に沈むまで待つ」「沈みきったら、勝手に浮上する」。今回もそうでした。「これはシャレにならん!!!」が来て、無事浮上できました。

 

今はクラウドソーシングでライティングをする以外にほぼ収入がないので、だいぶ追い込まれています。なので書かないと収入がないのです。ないのです…うぅ…。

 

 

  

 

正直、寝すぎてる場合じゃない。動画見すぎてる場合じゃない。

 

ここ最近を振り返ると、休みをきちんと取ってなかった気がします。TwitterとかYoutubeとかネットに依存した休憩しか取ってないです。

例えば、外に出るとか、外に出るとか、外に出るとか、他にも外に出るのが大事だと思います。(一週間近く外に出てない。)

外の空気を吸うと気分が良いし、気分転換にもなります。汗だくになるけど、汗かきにくい体質だからむしろ都合が良いのです。

 

在宅ワークって、ほとんど休まずに働くこともできます。それで稼げるならいいのかもしれませんが、私の場合きちんと休みを取らないと体調を崩すみたいです。

 

どうも今回は「ほぼ休みなしでライティングしてた」「台風による低気圧」「クーラーの風当たりすぎ」が原因だと睨(にら)んでます。リアルにクーラー睨んだけど、「スゥースゥーー」としか言われなかったよ。やるな…。

台風は仕方ないとしても、自宅にいてクーラーに当たりっぱなしはよろしくないですね。自律神経乱れまくり。また睨んだけど、今度は無視か…ぐぬぬ…(無風)

  

休みってきちんと取らないと、後で怖いです。稼げてないから休まずにライティングしてたけど、知らない内に疲れが溜まってたと思います。1日丸々休む日を作った方がいいのかなあ…。その前に、外に出よう。うん。外に出よう。

 

  

 

以前、「プロライターを目指そう!」と思ったきっかけを書きました。理由は他にもあって「休みたい時に休みたい」もその1つです。理想は「休むため、仕事に精を出す」。

 

私は趣味が多すぎるんですが、その1つは音楽鑑賞。当然ライブも好きです。

ライブって土日とは限らないし、平日開催の時もあります。しかも、夏フェス・カウントダウンライブなんかは1日じゃあ足りません。そう簡単に“好きな時に好きなだけ休める仕事”って見つかりませんでした。(※バイトやパートは除く。正社員第一希望。)

 

もちろん、在宅の仕事だけで稼ぐのも簡単ではないと分かっています。だけど自由度は高いな、と思いました。

 

「今週ライティング終わらせれば○○のライブに行ける!よし、やるぞ!」という生活が理想です。

私、ご褒美があった方が俄然やる気出るので、他にも「今日納品すれば、夜お祭りに行ける」「週末の旅行のために今週がんばろう」みたいな方ががんばれます。それもフリーランスが合ってると思った理由の1つです。単純。

 

 「家族を養うため」に働いている人もいれば、「稼ぎまくって通帳眺めるのが楽しみ」な人もいれば、「これを作りたいからこの仕事してる」人もいれば、私みたいに「書くのが楽しい。好奇心旺盛。休みたい時に休みたい」人もいる。

仕事する理由なんて100人いれば100通りあると思うし、それぞれに合った働き方をすればいいんです。

 

今って好きな時に休めるけど、その分今回のようないつまでも休んでしまうのはすごく怖いなと思いました。ああ…早く生活費稼ぎたい…安心して休みたい…。

 

        

 

ちょっと話が逸れます。

 

私は映画鑑賞も趣味です。ジブリ作品はほとんど見ており、「耳をすませば」は特に好きです。恋愛模様もキュンキュンして好きですが、主人公・雫が夢に向かう姿が何とも魅力的です。その中で主人公・雫のお父さんが名言を残しています。

 

人と違う生き方は、それなりにしんどいぞ。何が起きても誰のせいにもできないからね。 

 

 今、すごくこの言葉が突き刺さっています。フリーランス在宅ワークという道は、人と違う生き方だと思います。まだまだ少数派だし、会社勤めが一般的。

この道を選んだのは私です。誰かに強要されたわけではありません。そうです、何が起きても誰のせいにもできない。寝すぎたのも私が悪い。休んでる間、収入はない。でも誰のせいにもできない。辛い。

 

と同時に、雫が物語を懸命に描く姿が今の私と重なりました。雫のように可愛いものではないし、もがくには年齢が年齢だけど。30代・ほぼ無職。

何かに打ち込んでる時って楽しいです。そして自分には何が足りないのか分かり、現実が見えてきます。その時どうするか、というのも分かれ道のような気がします。「実力不足を補いながら、その道を進む」のか「実力がないって分かったから諦める」のか。私は前者と言えるし、そんな人が大好きです。

雫は自分の気持ちに純粋で、悩んで、自分を知って、少しずつ前に進んで、可愛い。応援したくなります。そんな姿に、毎回涙なしでは見れません。

そして鍋焼きうどんを食べたくなる。(見てない方はぜひ一度!)

耳をすませば [DVD]

耳をすませば [DVD]

 

  

話を戻しますね。

 

フリーランスの仕事、特に在宅ワークでの仕事は、休みも大事だと痛感しました。 体壊してからでは遅いですし。

私はどうしても一旦張り切るとそのまま突っ走ってしまうので、休みも上手く取り入れながら前に進みたいと思います。

 

まだまだ暑い日が続きます。くれぐれもご自愛ください。

 

お読みくださり、ありがとうございます!

(メモ:2,881文字/3時間。修正など1時間)