Webライター、初心者からの日誌

2017年夏からWebライター。好奇心旺盛な30代。2015年冬、宮崎から京都へ移住。ライティングや趣味のことなど、あれこれ書いてます。

Webライター契約した2社とも良さがあり、しかも優しい。

 さよりです。あっという間に10日経ってしまいました…うむむ…。 

 

もしまた次回お待たせすることになったら、ご了承ください!

直接契約のその後と、最近いろいろ吸収しているよ!という話 - 京都でプロライターを目指しています。

 なんて前回書きましたが、お待たせすることになってしまいました。楽しみに待ってくださった方、本当にすみません…と前回も似たようなこと書いてましたね。今回もまた謝ります。すみません!

  

   

 

直接契約が決まり、ちまちまと記事を納品する日々を送っています。ざっと2日で1記事、1記事3,000〜6,000文字で書いています。2日というのは、情報収集・タイトル付け・記事など全ての時間を含めて2日です。

まだまだ時間がかかっているので、早く1日1記事納品できるようになりたいです。

 

契約した2つのメディアは、たまたまなのですが「バランス良く選んだなあ」と思います。仮にA社・B社として、A社は画像を選び、B社は画像はほぼ不要です。また、A社はざっくりとした見出しが決まっていて、B社は自分で考えなければなりません。

 

それぞれ良さがあります。

 

A社はオリジナルのシステムで記事を書きます。これがすごく使いやすくて、見出しやテキストはもちろん書きやすいし、フリー画像もシステム内から選べます。便利!度々アップデートもされていて、「ライターが書きやすい環境を準備してくれる」というのが伝わります。

 

B社はタイトル、見出しなど、ほぼライターが決めます。基本的に画像は選ばなくていいので、書くのに専念できます(画像があった方が分かりやすい場合は、提案できます)。悩むことはあるけど、自分で考えながら書くのはすごく楽しいです!もちろん困ったことや分からないことがあったら、担当の方に相談できます。しかも優しい。

 

気分で使い分けて書いています。「ちょっと気分が乗らないなあ」という時には画像を選んだり、「今日はこっちの記事書こう」など気分転換で変えています。

「契約が1社だったら、たぶんコレ知らなかったなあ」ということもあって、2社と契約して良かったと思います。(詳しくは言えませんが、ライター用の資料が2社とも違っていて、それぞれ役に立っています。まあ全く同じ資料を準備するのはありえないので、当たり前といえば当たり前ですが…。)

  

  

 

今週末はセミナー2つに参加します。本日土曜日は、また大阪の宣伝会議へお邪魔してきます。伝わる記事…これは楽しみー!

【無料体験講座】編集・ライター養成講座 | 教育講座を受ける | 宣伝会議オンライン

f:id:sayori34:20170909035326p:plain

 

日曜日はこちらの著者、吉見夏実さんのセミナーへ。ライターの皆様に会うのはちょっと緊張しますが、こちらも楽しみです!稼ぐよ!

吉見夏実 初出版記念セミナー&交流会

 

土日はすでに予定が入っていたので、今週はバタバタと書いていました。「1記事書くのに2日程かかる」のように少しずつ所要時間が分かってきたので、ようやくスケジュールを立てられそうです。でないと手が回らない…というか回ってない。というか稼ぎたい!

 

ブログは自分が書きたいことを心の底から書ける場所なので、 最低でも週1記事は死守したいと思っています。思っていますってなんて弱気な…。いや、本心を言うと毎日書きたいんです。毎日書けるようにスケジュールを調整します。ちょっと待っててね!

  

  

 

今回はだいぶ短い記事ですが、この辺で。

 

お読みくださり、ありがとうございます!

(メモ:1,548文字/1時間25分。全ての工程含む。)