Webライター、初心者からの日誌

2017年夏からWebライター。好奇心旺盛な30代。2015年冬、宮崎から京都へ移住。ライティングや趣味のことなど、あれこれ書いてます。

Webライターとしての現況、今後の目標

Forget me nots

1つ年をとった、さよりです。

 

今日5月15日は私の誕生日です。ブログでわざわざ書くのもどうかと思いましたが、「目標や今後について書くにはいい機会かな?」とも思ったので、こうして書くことにしました。

 

校正をほぼせず、サラッと書きました。文章の流れが悪い箇所があるかもしれませんが、どうかご了承ください。

 

Webライターとしての現在の状況

最近ブログで近況報告をしていないので、まず私の現況からお伝えします。

 

Webライターとしてのお仕事は長期継続中が2社、不定期が1社です。

継続中の2社は嬉しいことに、4月から単価・報酬がアップしました!私から単価交渉したわけではなく、クライアント側からの提案だったため、もう…ほんと…本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

なぜ単価がアップしたのか、気になる人がいるかもしれません。これまでを振り返ると、下記の3つを続けてきたからだと思います。

  1. 毎月、一定数の記事を納品した
  2. 納品に関することは絶対連絡
  3. 〆切に間に合わせる

クライアントによって「毎月最低でも○記事」のような条件があります。最低数はクリアしつつ、自分で決めた目標数の記事を納品してきました。

 

〆切前はバタバタしていますが、目標値は毎月達成しています。(目標数を1つ増やした月がありましたが結局達成できず、いつも通りの数になった月もありました。)

 

単価アップ時に「毎月○記事執筆していただいており、大変助かっています」とご連絡いただいたので、納品数は大事だし、〆切に追われつつも毎月納品してきて良かったと思いました。

 

そしてクライアントとの連絡は

  • 伝えた日よりも納品が遅れそうな時
  • 〆切日ギリギリの納品になりそうな時

など納品に関することは事前に絶対連絡します。

 

ちなみに、記事に関する相談は事前に細かく連絡せず、

  • 明らかに指示がおかしい時
  • 事前に渡された情報が古い
  • 執筆ツールの使い方が分からない

など「連絡して確認しないと執筆できない」ことは連絡します。

 

また、〆切を過ぎて納品したことはありません。ただし〆切前に追われることが大半なので、

  • 夜○時頃の納品になりそうです。
  • 遅くとも○日までに納品します。

の連絡はします。

 

一度だけ〆切を延期したことがありました。

その際は「○日に間に合いそうにありません。もし〆切を△日に延期していただければ執筆可能ですが、難しいようでしたら他の方にご依頼を…」のような連絡をしました。大変ありがたいことに、〆切を延期してくださいました。

 

前提としては〆切に絶対間に合わせる、もし〆切ギリギリ・間に合いそうにない場合は絶対連絡、これはWebライターとして仕事し始めてから徹底しています。

 

Webライターと校正の仕事の両立

実は…校正の仕事も始めました。在宅ではありません。久しぶりに会社へ出勤していて、周りの人からかなり刺激を受けています。

 

タイピングの速さや仕事の進め方、教え方などさまざま参考にしています。出勤は運動不足解消につながり、服を着替えるのも楽しいので、気分転換にもなっています。

在宅だと、寝る時と仕事中の服が同じでも気にしないし、〆切前はいろいろ酷い…。

 

仕事を増やしましたが、不思議なことに記事の納品数はほぼ変わっていません。なんということでしょう。これまで時間を無駄にしてきた…?泣きそう。

 

出勤時間が〆切効果を生んでいて、「ここまで書いてから出勤する!」という気持ちで執筆できています。どうも追われないと書けないみたいです。ダメすぎて辛い。

 

今後の目標

現在の状況をふまえ、今後は

  • 初旬〜中旬の納品数を増やす
  • 週1休む

これが目標です。毎月〆切前に納品に追われては、「来月は余裕を持って納品する!」と誓い、そしてまた〆切に追われ、「来月こそ!」…のエンドレス。

 

1つ年をとったし、いい加減に徹夜せず納品するという目標を達成したいです。クオリティをキープしながら〆切日に間に合わせるべく、徹夜を駆使してきました。でも30代には辛すぎます…。もう若くない(涙目)

 

そして在宅ワークをしていると、まとまった休みをとっていないことが度々あります。〆切前は休憩時間を減らして執筆しているので、〆切明けにようやくゆっくり過ごしています。

 

昨日丸1日休み、とてもリフレッシュできました。休みの日を設定すると「○日までにここまで終わらせる!」とやる気もみなぎるので、〆切効果としても良かったです。

 

〆切明けだけではなく、週1で休みの日を作りたいと思います。校正の仕事もあり、無理矢理にでも休みを作らないと休めない…。

 

他のWebライターや在宅ワーカーとのつながり

毎月もくもく会を開催し、今週には第2回目を控えています。

sayorium.hatenablog.com

  

Webライターの仕事はなかなか目に見えない仕事で、在宅だと人との関わりがほとんどありません。もくもく会やこのブログ、Twitterなど、リアルでもWeb上でも少しずつつながりを増やしたいと考えています。

 

「つながってどうしたいのか?」と言われると説明が難しいのですが、

  • 在宅だと寂しい
  • 他のWebライターと関わりたい

こういった方をTwitterやスクーのタイムラインで何度も見かけ、私自身もそう思うことがありました。

 

しかし在宅ワーカーやWebライターが集まるイベントがほとんどなく、「ないなら作ろう」と思い、先月第1回目のもくもく会を開催しました。

 

もくもく会は今月以降も続け、人がつながる場を作りたいと考えています。

Webライター系のイベントは有名人の方が開催することが大半ですが、ほぼ無名の私が開催することで敷居が低く、参加しやすいイベントになれば幸いです。

 

誕生日を迎え、新たな気持ちで今後もいろいろなことに精進します。

 

お読みくださり、ありがとうございます! 

(メモ:約2時間半、約2,300文字)